ショッピングカート
なまくら消閑堂 雑文

なまくら消閑堂

オタクな社会人のブログ

上へ参ります。

私が幼稚園に通っていた頃か小学生の低学年の頃か、とにかくまだ幼い頃のことである。

ある日、母親の友人の家に遊びに行った。

そこはマンションで、エレベーターが設置されていた。

太陽は既に沈み、空は暗くなっていたため、そろそろ帰ろうかという時。

マンションの入口で、親たちの別れの際の立ち話が長引き始め、退屈していた私はマンションの中をあちこちふらふらし始めた。

エレベーターの前を通った時、チン、と音がしてエレベーターの扉が開いた。

中に誰も人はおらず、未知なる空間の探検に勤しんでいた私はそのエレベーターに乗り込んだ。

そして入りこんだ途端、突然扉が閉まった。

何もボタンなど押していなかったのだが、そのままエレベータは上へと向かい始めた。

びっくりした私は、操作盤のボタンを押す。

アラビア数字は読めていたので、現在2階に差し掛かったエレベーターを止めようと3階や4階のボタンを押した。

しかし、エレベーターは止まらず、3階も、4階も通過していった。

そしてエレベーター内の回数表示が5階を示した時、エレベーターは止まり、扉が開いた。

外でエレベーターを待っている人はおらず、何故かその階は電気が点いておらず真っ暗だった。

慌ててエレベーターを降りると、それを見計らったかのように扉が閉まった。

しかしその後エレベーターは上にも下にも行かず、その場に留まっていた。

扉のガラスになったところから漏れ出る室内の明かり。

ふと、何かの影が動いたように見えた。

今、自分が降りたエレベーター内に誰かいる?

そう思った時、再びチン、と音がしてエレベーターの扉が開いた。

中には誰もいない。

煌々と照らされた無人のエレベーター。

怖くなった私は、エレベーターに乗らず、階段を駆け下りた。

1階に達した時、エントランスホールから走り去る私の背後で、エレベーターのチン、という音がしたが、

私は振り返ることができなかった。

外で立ち話をしていた母親に飛びつき、今自分が遭遇した出来事を説明した。

母親の反応はあまり覚えていない。

誰かが乗ろうとしてたんじゃないの?と、適当に流されて気がする。




この話はここでおしまいである。

この後、特に何があったわけでもない。




ちなみにこの時、自分が何処の、誰の家に行って、何をしてたのかは全く覚えていない。

このほんの数分の出来事だけが頭に残っている。

それから一度もそこに行った記憶はない。



スポンサーサイト
  1. 2015/11/08(日) 22:58:13|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

繰り返す夢

同じ内容の夢を見ることがある。

それも数年の歳月が流れた後に、である。

その内容は、幼少期に住んでいた家(現実には既に取り壊されている)に何故か再び訪れるといったもの。

ややこしいことに、一番最初に住んでいた家と同じ場所なのだが、内装は二番目に住んでいた家のものである。

室内は荒れてグチャグチャになっており、住んでいた当時の家具などがそこに残ったまま散乱している。

父親が勤める会社の社宅の四階にそこ(一番目の家)は位置するのだが、北側の部屋(二番目の部屋準拠)の窓から下を見下ろすと、

そこは駐車場になっており、そしてそのある一箇所に大きな穴が空いていて、中に人骨が横たわっている。

・・・といった内容だ。

この夢が意味するものは果たしてなんなのか。

  1. 2015/11/08(日) 22:27:12|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

大型連休

5連休などアッという間だった。

あれをやろう、これをやろうと思っていたことが何一つできなかった。

足を痛めてしまって(股関節が脱臼気味、それにより膝にも負荷がかかった)ろくに身動きがとれない状態になってしまったのが計算外だった。

京都にでも行こうと思っていたのだが・・・



ちなみにまだ症状は緩和していない。

湿布と痛み止めが全然効きやしねぇ。

  1. 2015/09/23(水) 23:57:57|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛙の孫は蛙

それは6年前。

テレビで初めてエヴァンゲリヲン新劇場版が放映された日だ。

とりあえず見てみるかーとボーッと見ていた。

21時半ごろだったと思う。

電話が鳴った。

母が出た。

祖母からだった。

祖父が倒れて救急車で病院に搬送されたらしい。

急いで病院へ向かう俺と母。

集中治療室に運ばれた祖父の意識はなく、人工呼吸器が取り付けられていた。

その後、祖父は数ヶ月生きた。

最後まで意識は戻らなかったが、途中で目を開けた。

看護師いわく、珍しいことらしい。

勿論反応など無い。

でも、きっと視えてると思って、俺はじっと祖父の瞳に顔を覗かせた。

病室に来る度に、そうした。



6年前の9月9日。

夜中の2時頃だったと思う。

電話が鳴った。

祖父が逝った報せだった。

病院へ向かう。

病室の祖父は、人工呼吸器が外されていた。

開いていた目は閉じられていた。

顔を覗かせることは、もうできなかった。



優しい祖父だった。

大人しい人で、多弁ではないけれど、時には冗談も言うような人だった。

タバコをよく吸っていた。

セブンスターが好きだった。

俺は煙草が大嫌いだけど、祖父が吸うことだけは何故か嫌悪感を抱かなかった。



今日は命日。7回忌にあたる。

俺は法事には出ていない。

それほど堅苦しくない家系だ。

行ける人だけでさっと済ませた。



思えば祖父のことは何も知らない。

鳥取県の生まれで、戦時中は満州にいたというのは生前の祖父から聞いたことはある。



形見がある。

木刀だ。

叔父が剣道を習うときに、祖父自ら木を削って作ったものらしいが・・・

あまりに見事な出来栄えなので、多分何かの間違いだと思う(笑)

この木刀を握るととても暖かい感触がする。

たまにこの木刀でるろうに剣心ごっこをしている。天翔龍閃!



もう1つ形見がある。

ダンボールいっぱいの、本。

西村京太郎やら、ミステリーや時代物がほとんどだった。

いつか読もうと、いただいた。



もう1箱、ダンボールがある。

これも中身は、本。

ただしエロ小説。

男性器に真珠を埋め込んだ男が女をアンアン言わせてた。




死ぬまでに絶対にパソコンと同人誌とエロゲーは処分しておこうと固く誓った。



  1. 2015/09/09(水) 23:35:20|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

動物はOK

4歳か5歳くらいの時に母親に絵の具を買ってもらった。

その絵の具で初めて描いたのは、その時住んでいた社宅の屋上から見える風景。

当時は神戸に住んでいて、社宅の屋上から望む六甲山と、大きな幹線道路、

そしてすぐそばを流れる川と、山の上に建っている寺院を一生懸命描いていた記憶がある。

特に寺院を描くのに変にこだわりを持っていて、母親に「これ、あれ」と熱心にアピールしていた記憶がある。

そんな感じで子供の頃は風景や、あとロボットをよく描いていた。

一方で人物の絵は全く描かなかった。

幼稚園や小学校などで強制的に描かされたものを除けば、

また、マンガやアニメのキャラを除けば、人物画を描いたことがない。

最近は絵自体を描くことがなくなったが、この傾向は写真を撮るときに少し垣間見える。

被写体に選ぶのはほとんど風景。

記念として人物を、また悪ノリで友人らを撮る時はあるけれど、モチーフとして人物を取ることはない。

まず興味がわかない。

ネタとしてとかではなく、人を撮りたくなるのはどんな時だろう。

もしくは、撮りたくなる人物ってどんなだろう。

  1. 2015/09/09(水) 00:11:13|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

浮かれる

自分はどちらかとうと内向的で、部屋にこもっていることが好きだ。

ひきこもりというわけでもないが、学生時代は数日間は日の光を浴びないこともザラだった。

でも、新しい靴や鞄、時計やカメラを買った時は無性に外に出たくなる。

誰かに自慢したいわけではない。

誰かに見て欲しいわけでもない。

自分が満足したいだけ。

何処かに行って何かをするという目的で外にでるのではなく、

ただ外に出ることのみが目的となる。

家の中で時計はまだしも、靴やら鞄やらは堪能できないから。

しかし、外にでることは非常に健康的ではあるが、そのために何か新しいものを買うことは経済的にはやさしくない。

だから、たまに、ごくたまに自分は健康的になるだけである。
  1. 2015/09/08(火) 23:34:15|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

変化

好きだった歌手の音楽性が変わってしまった。

好きだった漫画家の絵柄が変わってしまった。

好きだった食料品の味が変わってしまった。

何度も経験してた。

でももしかしたらそれらは本当は変わってなくて、

自分自身の感じ方が変わってしまったのが原因かもしれない。

  1. 2015/09/08(火) 23:23:06|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

明晰夢

夢の中で「これは夢だ」と気付くことがある。

気付いたところでどうしようもなく、目覚める方法を夢の中の自分はわからない。

必死で夢の中の友人に「これは夢だ、俺が見ている夢の中だ」と訴える自分がいた。

自分が見る夢は荒唐無稽、猟奇的、怪奇的なものが多い。

もしもそんな世界に取り残されたままなら、そう長くないうちに気狂いになってしまうだろう。

幸いなことにそうならないうちに脳は目覚めを導いてくれるが、もしも脳が目覚めるのを諦めたなら、

その時自分にはいっそ殺してくれと思えるくらいこの上ない恐怖に見舞われる。
  1. 2015/09/08(火) 22:24:17|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

うつろいゆく

物事は日々流転していく。

それは世界情勢なんて大きな視点から庭の草木の茂り具合という些細なことまで等しく当てはまる。

人間関係なんてものは最たるものだ。

30年生きてきて、その半分程度の年数でさえ現在も関係が続いている人物は家族を除けば片手で足りるほど。

学生時代あれだけ仲の良かった友人も、今や連絡手段さえ持たない。

その気になればなんとかなるかもしれないが、そうする意味も気力もない。

これまで生きてきて関わることとなった人間が何百なのか何千なのかは知らないが、

その全てに意味や価値があったかどうかなんて、そんなことはわかりようがない。

人との関係を切り捨てていくことは容易だが、築いていくことは難しい。

だからこそ一期一会という言葉があるのだろうか。

夢の中に懐かしい顔が出てきたので、ふと思った。
  1. 2015/09/08(火) 22:13:36|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

携帯電話

スマートフォンにして5年ほど経つ。

携帯電話を持ちだしてからは14年ほど。

初めて手にした機種はSHARPのJ-SH05という機種だった。

カメラは付いておらず、65,536色表示のTFT液晶を売りにしていたような機種だ。

いわゆるガラケー時代は、機種のデザインやスペック。あらゆるものがガジェットとして魅力的だった。

新しい機種が発表された時のワクワク感。

カタログが刷新される度に、他キャリア含めて読み耽っていた。

キャリアやメーカーごとに持ち味があり、いろいろな情報に一喜一憂していた。

しかし、携帯電話の主流がスマートフォンになってからは、どの機種も画一的で面白みがない。

以前ほどのワクワク感はどこかへ消え去ってしまった。

  1. 2015/09/08(火) 21:58:16|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

なまくらスネイル

管理人:なまくらスネイル
 
なまくら写真堂

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

Twitter

 

リンク

このブログをリンクに追加

ブロとも一覧


侍・もっちーのブログ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター


Blog Ranking

FC2Blog Ranking

blogram

blogram投票ボタン

RSSリンク