ショッピングカート
なまくら消閑堂 リレー小説その8

なまくら消閑堂

オタクな社会人のブログ

リレー小説その8

第7話はこちらから



「ちょっと折木!あんた列の誘導もしないでどこほっつき歩いてたのよ!」

焼け付くような日差しの中、人ごみを掻き分けやっとのことで元の売り場まで戻ってきた俺を待っていたのは、
労いや慰めではなく、鋭く激しい伊原の寸鉄だった。

「あぁ・・・いや、すまん。」

伊原たちが陣取っている売り場は、未だ列が途切れることなく蛇のように連なっていた。

お金をもらい、本を渡す。お金をもらい、また本を渡す。

一体何回繰り返すんだ?これ。

ともかく、売り場は戦場だった。

戦場からようやくベースキャンプに帰還したと思ったら、そここそが最前線だった・・・

「すまんじゃないわよ!あんたがいない間大変だったんだからね!列の誘導をスタッフさんたちが手伝ってくれてるんだから!あんたもさっさと誘導に戻んなさい!・・・・・ってあんた、何持ってんの?」

「ん?あぁ、これか?いや、さすらっているうちにこの同人誌の売場に迷い込んでな。なんとなく流れで買ってしまったんだが・・・どうしたもんか」

そう、俺の手にはしっかりと一冊の同人誌が握られていた。

何のキャラクターかはよくわからないが、可愛らしい女のコのキャラクターが描かれていた。

「あんた、そんな趣味があんの・・・?」

伊原が胡乱げな顔で俺を見る。

「いや・・・。間違いとはいえ列に並んで売り子の前まで行ってしまったら、買わずにはいさよならってなわけにもいかなくてな・・・」




第9話へ続く

スポンサーサイト
  1. 2012/08/05(日) 21:42:08|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リレー小説その10 | ホーム | 08/04のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nresource.blog93.fc2.com/tb.php/2572-4fb0890b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

なまくらスネイル

管理人:なまくらスネイル
 
なまくら写真堂

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

Twitter

 

リンク

このブログをリンクに追加

ブロとも一覧


侍・もっちーのブログ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター


Blog Ranking

FC2Blog Ranking

blogram

blogram投票ボタン

RSSリンク