ショッピングカート
なまくら消閑堂 上へ参ります。

なまくら消閑堂

オタクな社会人のブログ

上へ参ります。

私が幼稚園に通っていた頃か小学生の低学年の頃か、とにかくまだ幼い頃のことである。

ある日、母親の友人の家に遊びに行った。

そこはマンションで、エレベーターが設置されていた。

太陽は既に沈み、空は暗くなっていたため、そろそろ帰ろうかという時。

マンションの入口で、親たちの別れの際の立ち話が長引き始め、退屈していた私はマンションの中をあちこちふらふらし始めた。

エレベーターの前を通った時、チン、と音がしてエレベーターの扉が開いた。

中に誰も人はおらず、未知なる空間の探検に勤しんでいた私はそのエレベーターに乗り込んだ。

そして入りこんだ途端、突然扉が閉まった。

何もボタンなど押していなかったのだが、そのままエレベータは上へと向かい始めた。

びっくりした私は、操作盤のボタンを押す。

アラビア数字は読めていたので、現在2階に差し掛かったエレベーターを止めようと3階や4階のボタンを押した。

しかし、エレベーターは止まらず、3階も、4階も通過していった。

そしてエレベーター内の回数表示が5階を示した時、エレベーターは止まり、扉が開いた。

外でエレベーターを待っている人はおらず、何故かその階は電気が点いておらず真っ暗だった。

慌ててエレベーターを降りると、それを見計らったかのように扉が閉まった。

しかしその後エレベーターは上にも下にも行かず、その場に留まっていた。

扉のガラスになったところから漏れ出る室内の明かり。

ふと、何かの影が動いたように見えた。

今、自分が降りたエレベーター内に誰かいる?

そう思った時、再びチン、と音がしてエレベーターの扉が開いた。

中には誰もいない。

煌々と照らされた無人のエレベーター。

怖くなった私は、エレベーターに乗らず、階段を駆け下りた。

1階に達した時、エントランスホールから走り去る私の背後で、エレベーターのチン、という音がしたが、

私は振り返ることができなかった。

外で立ち話をしていた母親に飛びつき、今自分が遭遇した出来事を説明した。

母親の反応はあまり覚えていない。

誰かが乗ろうとしてたんじゃないの?と、適当に流されて気がする。




この話はここでおしまいである。

この後、特に何があったわけでもない。




ちなみにこの時、自分が何処の、誰の家に行って、何をしてたのかは全く覚えていない。

このほんの数分の出来事だけが頭に残っている。

それから一度もそこに行った記憶はない。



スポンサーサイト
  1. 2015/11/08(日) 22:58:13|
  2. 雑文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11/08のツイートまとめ | ホーム | 繰り返す夢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nresource.blog93.fc2.com/tb.php/3795-6dbc39a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

なまくらスネイル

管理人:なまくらスネイル
 
なまくら写真堂

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

Twitter

 

リンク

このブログをリンクに追加

ブロとも一覧


侍・もっちーのブログ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター


Blog Ranking

FC2Blog Ranking

blogram

blogram投票ボタン

RSSリンク